CentOS6.7:Apache2.2,php5.5からApache2.4,php5.6にバージョンアップの奮闘記 Apache篇

前に構築したVPSのApacheとPHPのバージョンを上げました。
それでは、今回はやったことを紹介していきたいと思います。

旧設定ファイルをバックアップしましょう

先ずは旧バージョンApacheをアンインストールします。

ここからはインストールします
まずは、Apache2.4からですね
可能な限りyumからインストールしようと思っています。

先ずはApache2.4のインストール可能なリポジトリーをゲットしようぜぇ

Apache2.4をインストールしますw

インストール先は/opt/rh/httpd24/root/になってしまう(なんか気持ち悪いなぁ・・・)

気持ち悪いと感じるので、シンボリックリンクをはる

バーチャルホストの設定を/etc/httpd24/conf.d/の配下に作る

Apacheを再起動してみましょう

あれ?なんか変だね
そうか、Apache2.4ではNameVirtualHost *:80が使えなくなるので、
素直にコメントして、もう一度試してみよう

OKだねw

でも、どうしてもこの”httpd24-httpd”とインストールパスが気に食わないなぁ・・・

よし!決めた
rpmからインストールする!

まずは「rpmbuild」コマンドを使用可能にしましょう

次に依存関連モジュールのインストール

APR

reetds-devel

APR-util

distcache-devel

mailcap

pcre-devel lua-devel libxml2-devel

ここからはApache2.4のインストールだな

httpd.confを設定しましょう

Apacheを再起動

Apacheに関しては一旦ここまでになります。

参照記事一覧:
http://blog.offline-net.com/2015/02/08/gmocloud-install-apache-php-mysql-memcached/
http://qiita.com/pb_tmz08/items/edd737affa0e2671d422
http://www.kakiro-web.com/linux/centos6-apache-install.html
https://www.agilegroup.co.jp/technote/apache-migrate-from22to24.html

– PR –
– PR –