【CoreOS】VirtualBoxにCoreOSをインストールする

現職は主にLAMP環境で開発しており、LinuxはCentOSを使っています。
案件によって、PHP5.3やPHP5.1を使う場合もあるので、
その場合は都度ローカル開発環境を構築するので、
正直面倒くさいから、Dockerを社内に導入しようと思っています。

よくDockerを使うならCoreOSを使用した方がいいと言うので、
技術検証という意味で、実際に使ってみたいと思います。

ということで、まずはインストールからいきたいと思います!!!

今回はISOイメージを使って、インストールしたいと思います。
CoreOS公式サイト:https://coreos.com/
Virtual Box公式サイト:https://www.virtualbox.org/

■バージョン:
CoreOS:835.12.0
Virtual Box:5.0.14

ステップ1:仮想マシンを作成する
タイプ:Linux
バージョン:Linux 2.6 / 3x / 4x (64-bit)
メモリはとりあえず約2Gでいいかな
ディスク容量もとりあえず80Gでなんとかなるだろうw

ステップ2:仮想マシンの設定
光学ドライブにCoreOSのISOイメージをいれる
割り当て:ブリッジアダプターに変更すること

メインはCoreOSのインストールの紹介なので、Virtual Boxの設定は程ほどに・・・

ステップ3:CoreOSをインストール

仮想マシンを起動して、こんな感じになる

coreユーザーのパスワードを設定して、SSHで接続してみましょう!

次にCoreOSのcloud-config.ymlを書いてみましょう!

cloud-config.ymlとは・・・

cloud-configcloud-initにインスパイアされている.cloud-initはCoreOSが使わないツールも含むので,cloud-configは必要最低限なものだけを実装したサブセットになる.さらに,例えばetcdの設定,systemdのunitなどといったCoreOS特有の設定項目も持つ.

最小限には,cloud-configは,ホストに既存のクラスタへの参入方法とetcdfleetの2つのサービスの起動方法を伝えればよい(これらは全て関連している).これにより,新しいホストを,既存のサーバーに接続させ,設定する必要のあるツールを提供する.基本的に,これらがCoreOSノードを既存クラスタへ参入させるための要件となる.

次は下記の設定ファイルをベースに各自の環境に合わせましょう!

保存したら、シンタックスエラーチェックしましょう

問題がなければ、インストールしましょう

ステップ4:確認

事前に設定したIPにSSHで接続ができれば、一応インストール完了になります。

まとめ

インストール自体はとても早くて簡単ですね
cloud-config.ymlをもっと活用すれば、色んな可能性があるので、
大量インストールとか、定型作業にも向いていると思います。
CoreOSはどれほどいいのか、これから試してみたいと思いますw

– PR –
– PR –