CentOS6:ClamAV(Clam AntiVirus)のインストール及び設定(2)

前回はClamAVのインストールと基本設定まで説明しましたが、今回は下記内容を実現したいと思います。
・自動定期アップデート
・自動定期スキャン
・スキャナ後の結果をメールで通知する

↑これらのことを全部一つのバッチで実現しましょう

それではバッチを作りましょうw

バッチ↓

除外リストを作りましょう。

各オプションの説明

–recursiveサブディレクトリごと再帰的に検査。圧縮ファイルは再帰的に解凍して検査
–infectedウイルスに感染したファイルのみを出力
–removeウイルスに感染したファイルを削除する
–moveウイルスに感染したファイルをDIRECTORYへ移動する
–logFILEにログを記録する
–excludeパターンにマッチするファイルを検査しない

詳細のオプション設定を確認したい方はこちら

最後にcronで定期実行を設定しましょう!

毎日2時にrootユーザーでバッチを実行する

そして、実際に送れてくるメールがこちらです

以上です。
それでは、またねw

– PR –
– PR –