マネージャーがうれしいRedmineデータのダッシュボード表示方法を公開します!!

はじめに

こんにちは。近藤です。

前回までの関連記事です

  • 1記事目 はRedmineのデータをKibanaで表示しました
  • 2記事目 はRedmineのデータからEVMグラフを作成しKibanaで表示しました

3記事目となる本記事ではRedmineデータを可視化するダッシュボードをKibana上に構築します。Kibanaを使うことによって例えば、担当者別のタスク量、トラッカー別のタスク量、EVMグラフを同時に把握できます。

◆ダッシュボード例

では早速、Kibanaを使ってみましょう。

なお、下記を前提としています。

  • Windows環境で構築する
  • Redmineのデータベース(MySQL)に直接接続する

大まかな流れ

下記の手順でグラフを表示します。

  1. 環境構築
  2. データ投入
  3. ダッシュボード構築

1.環境構築

今回もELK+Timelionを利用して、Redmineデータの可視化環境を構築します。

モジュールのダウンロード

前回の投稿から時間がたち、ELKのバージョンが上がったのであらためて最新のモジュールをダウンロードします。

モジュールの配備

次に、「C:\elastic」というフォルダを作成。そして、先ほどダウンロードしたそれぞれの圧縮ファイルを解凍し、「C:\elastic」へ配置します。

最終的には下記のようなフォルダ構成になります。

JDBCドライバ設定

次に、JDBCドライバを用意します。

前々回ダウンロードした「mysql-connector-java-5.1.39-bin.jar」というファイルを、
「C:\elastic\logstash-5.4.0\bin」以下に配置します。

次に、「redmine.txt」というファイルを作成。中身は下記のようにします。(★を含む箇所は皆様の環境に合わせた値へ変えてください。)

中に記載されているSQLでは、下記7つの値を取得します。なお、pv、ec、acについては、前回の記事:EVMとは?をご参照ください。

SQL上の項目名Redmine上の項目名
due_date「期日」
updated_on「更新日」
pv「予定工数」
ev「予定工数」×「進捗率」
ac「作業時間の記録」
user_name「担当者名」
tracker_name「トラッカー名」

この「redmine.txt」も「C:\elastic\logstash-5.4.0\bin」に配置します。

結果的に、下記のようなフォルダ構成になります。

2.RedmineデータをELKに取り込む

ElasticSearchの起動

まず、ElasticSearchを実行します。
「C:\elasticsearch-5.4.0\bin」フォルダで下記のコマンドを実行。

elasticsearch.bat

コマンドプロンプトの右下に”started”と表示されたら起動完了です。

Logstashを使ったデータ取り込み

次に、Logstashを使って、RedmineのデータをElasticSearchへ取り込みます。
「C:\elastic\logstash-5.4.0\bin」フォルダで下記コマンドを実行。

logstash.bat -f redmine.txt

取り込みが完了しました。

Kibanaの起動

次に、Kibanaを起動します。
「C:\elastic\kibana-5.4.0-windows-x86\bin」フォルダで下記コマンドを実行。

kibana.bat

Kibanaが起動しました。

Kibanaでグラフ表示

では、Kibanaを表示します。ブラウザで http://localhost:5601を開く。

[Configure an index pattern]という画面が開くので、[Time-field name]に”due_date”を指定します。

そして、[Create]をクリック。

そして、左側の[Visualize]をクリックすると、Visualizeの画面が開きます。

ここで、「Create a visualizetion」をクリック。

[Select visualization type]画面が表示されるので、「Vertical bar」をクリックします。

そして、「logstash-*」をクリックすると、

グラフ画面が出ましたね!

担当者別のPVグラフ作成

次は、担当者別のPVを表示するグラフを作成。下記の設定箇所にそれぞれの値を設定します。

設定箇所
[metrics]->[Y-Axis]->[Aggregation]Sum
[metrics]->[Y-Axis]->[Field]pv
[buckets]->[X-Axis]->[Terms]user_name.keyword

そして、画面左上の「再生ボタン」をクリックすると、

担当者別のPVが表示されました!

では、グラフを保存します。

画面右上の「Save」をクリック。
テキストボックスが表示されるので”PvUser”と入力します。

そして、青色の「Save」をクリックすると、グラフが保存されました。

3.ダッシュボード構築

続いて、画面左側の「Dashboard」をクリックします。

画面中央の「Create a dashboard」をクリック。

そして、画面中央の「Add」をクリックします。

続いて、「PvUser」をクリックすると、

グラフが追加されました!

次にダッシュボードを保存します。

右上の「Save」をクリックし、表示されたテキストボックスに”main”と入力。

「Save」をクリックします。これで作成したダッシュボードが保存されました。

では、もう一つグラフを作成します。

作成したグラフの上にカーソルを当てると、右上にボタンが出てくるので、

その中の「鉛筆マーク」をクリックします。

グラフの編集画面が開きました。

今度、トラッカー別のPVを表示するグラフを作成。下記の通り値を変更し、「再生ボタン」をクリックし、画面右上の「Save」をクリック。

設定箇所
[buckets]->[X-Axis]->[Terms]tracker_name.keyword

表示されたテキストボックスに”PvTracker”と入力し、「Save as a new visualization」にチェックを入れます。

そして、「Save」をクリック。グラフが保存されます。

画面左の「Dashboard」をクリック。そして、画面右上の、「Add」をクリックします。

「PvTracker」をクリックすると、

トラッカー別PVグラフが追加されました。

次に右上の「Add new Visualization」ボタンをクリック。

「Select visualization type」画面で「Timelion」をクリックします。

ここで、EVMグラフを作成します。

内容は前回のEVMグラフと一緒。

まず、「Timelion」画面が開くので、「Interval」に”1d”を指定。

次に、「Timelion Expression」に下記の値を指定し、再生ボタンをクリックします。

.es(metric='sum:pv', timefield='due_date').cusum().label('[累積]pv'),.es(metric='sum:ev', timefield='updated_on').cusum().label('[累積]ev'),.es(metric='sum:ac', timefield='updated_on').cusum().label('[累積]ac')

EVMグラフが表示されました。

右上の「Save」をクリック。表示されるテキストボックスに、”EvmAll”と入力し、青い「Save」をクリックします。

これでEVMグラフが保存されました。

画面左側の「Dashboard」をクリック。

そして、画面右上の「Add」をクリックし、「EvmAll」をクリックします。

さらに、画面右上の”^”をクリックすると、

EVMグラフの大きさを調整すると、

ダッシュボードの完成です。

ではドリルダウン機能も使ってみましょう。

操作はとても簡単。

例えば、特定の担当者名をクリックすると。

その担当者が、アサインされているチケットのトラッカー、及び担当者のEVMが表示されます。

また、表示期間を絞り込む事もできます。Timelion上で期間を選択することで、

この通り。選択された期間で絞り込むことができました。

最後に

今回は、Redmineデータを可視化するダッシュボードを構築しました。今回の設定を拡張することで、様々な軸で、様々な値を可視化することが可能。RedmineをKibanaと組み合わせることで、結果的にプロジェクト状況の把握が容易になります。

本記事が、皆様のプロジェクトマネジメントに役に立てば幸いです。
みなさまにとって参考になりそうでしたら「いいね!」をクリックして頂けますと幸いです。執筆の励みになります。^^

なお、次回以降私がブログを執筆する際は、ダッシュボード画像のメール配信に関する方法を記載する予定。
今後ともよろしくお願い致します。

投稿日:May 12th 2017

元記事:https://future-architect.github.io/articles/20170510/

– PR –
– PR –