【楽々受かる応用情報】応用情報技術者試験とは

応用情報技術者試験は何?

応用情報技術者は「高度IT人材となるために必要な応用的知識・技能をもち、高度IT人材としての方向性を確立した人」と対象に行われる、経済産業省の国家資格です。試験は年に2回実施され、午前試験と午後試験の得点が全て合格基準点以上の場合にのみ合格となります。
簡単に言えば、エンジニアになるためには絶対に取った方が有利になる資格です。

概要
午前試験午後試験
試験時間9時30分〜12時00分(150分)13時00分〜15時30分(150分)
出題形式多肢選択式(四肢択一)記述式
出題数
解答数
出題数は問1〜問80の80問
解答数は80問(すべて必須回答)
出題数は問1〜問11までの11問
解答数は5問
問1:必須回答
問2〜問11:10問の中から4問を選択
配点割合各1.25点各20点
合格基準100点満点で60点以上100点満点で60点以上
メリット
  1. 社内では評価されやすい
  2. 就職や転職では有利になる
  3. 会社にもよるけど、手当や報奨金をもらえる
  4. 高度試験の一部が免状される
  5. 中小企業診断士・弁理士の科目免除が受けられる
出題内容

午前試験

分野分類出題数
テクノロジ系基礎理論50問
問1〜問50
コンピュータシステム
技術要素
開発技術
マネジメント系プロジェクトマネジメント10問
問51〜問60
サービスマネジメント
ストラテジ系システム戦略20問
問61〜問80
経営戦略
企業と法務

午後試験

分野問1問2~11
ストラテジ系経営戦略
情報戦略
戦略立案
テクノロジ系システムアーキテクチャ
ネットワーク
データベース
組込みシステム開発
情報システム開発
プログラミング(アルゴリズム)
情報セキュリティ
マネジメント系プロジェクトマネジメント
サービスマネジメント
システム監査
出題数110
解答数14
実施時期

春期:4月第三日曜日
秋期:10月第三日曜日

受験者数と合格者数
開催応募者数受験者数受験率合格者数合格率
21年春期56,141人36,653人65.3%9,549人26.1%
21年秋期62,294人41,565人66.7%8,908人21.4%
22年春期65,487人42,338人64.7%8,592人20.3%
22年秋期66,241人43,226人65.3%9,898人22.9%
23年特別62,116人37,631人60.6%7,745人20.6%
23年秋期56,085人36,498人65.1%8,612人23.6%
24年春期55,253人35,072人63.5%7,945人22.7%
24年秋期57,609人38,826人67.4%7,941人20.5%
25年春期52,556人33,153人63.1%6,354人19.2%
25年秋期54,313人34,314人63.2%6,362人18.5%
26年春期47,830人29,656人62%5,969人20.1%
26年秋期51,647人33,090人64.1%6,686人20.2%
27年春期47,050人30,137人64.1%5,728人19%
27年秋期50,594人33,253人65.7%7,791人23.4%
平均合格年齢
開催合格者平均年齢最年少合格者最高齢合格者
21年春期29.5才15才63才
21年秋期29.0才14才75才
22年春期28.6才13才67才
22年秋期28.8才13才62才
23年特別29.3才15才60才
23年秋期29.2才13才62才
24年春期29.0才12才62才
24年秋期28.5才13才63才
25年春期28.3才13才63才
25年秋期28.9才11才66才
26年春期28.5才14才62才
26年秋期29.4才14才66才
27年春期28.7才14才66才
27年秋期28.9才16才65才
過去問

https://www.jitec.ipa.go.jp/1_04hanni_sukiru/_index_mondai.html

おすすめの本

– PR –
– PR –